- 第364回 -  筆者 中村 達


『キャンプのこと』

 山ガールのブレイクに続いて、ソロキャンプがトレンドになっている。テントの展示会などでもかなりの人気で、一部品切れ商品もでているという。グループや仲間で山に登って、寝るのは自分ひとりのテントなのだそうだ。テントサイトの広いところであれば問題はないが、アルプスの稜線にあるテントサイトはスペースが小さいので、張るところがないのではと少し気になるところである。
 それはともかくとして、ファミリーキャンプも静かなブームである。大変結構なことだ。スーパーやホームセンターでは、今の時期、アウトドアコーナーが設けられ、テントやテーブル、折りたたみ椅子、スリーピングバッグ、それにバーベキューや焼肉セットがうず高く積まれている。そんな情景が夏の風物詩になってきた。

 子どもたちにとって、キャンプは楽しみだ。テントで寝るというのは非日常の生活であり、不安もあるが何かワクワクして興奮する。水を運び、炊事をするのも楽しい。しかし、なんと言っても自然の中で遊ぶことが、もっとも面白いのではないか。昆虫採集、魚釣り、探検ごっこ、ハイキングなど遊ぶメニューは際限なくある。出会う自然は不思議発見の宝庫である。
 しかし、親がスケジュールやプログラムを考えると、とかく炊事中心になりがちだ。バーベキューと焼肉がその代表格である。だからスーパーでもアウトドアはバーベキュー用品が数多くラインナップされているのだろう。
 親にとってはバーベキューや焼き肉と冷えたビールは、この上ない至福のときではある。私も大好きだ。子どもたちにとっても、うれしいひと時ではあるが、食べてしまえば一瞬で終わってしまう。

 子どもたちにとっては、炊事時間や食事の時間が長いのは、けっしてうれしいことではない。だから、たまにはインスタントやレトルト食品などを多用して、野外で遊ぶ時間を多くとってみることも必要だ。考えてみれば、登山はそんな考え方である。軽量コンパクトで、エコで、歩く時間をしっかり確保するために、炊事は簡単に済ませる。
 一方、お父さんはとかくアウトドアクッキングと称して、このときとばかり張り切るのだが、後始末はお母さんということも多い。だから、お母さんはキャンプが嫌い、なんてことも耳にする。

 キャンプを楽しくする方法のひとつは、炊事時間を短く、遊ぶことを長くではないかと思う。キャンプは慣れないと、準備時間はそれなりにかかり、気がつけば食事の準備ではじまり、あと片づけで終わったなどということも多い。
 この夏、キャンプを計画しているお父さんは、炊事時間を短くして、遊ぶ時間を多くつるにはどうすればいいかを、一度考えてみてはどうだろう。でも、やっぱり焼肉とビールは捨てがたい・・・。

(次回へつづく)


■バックナンバー

■筆者紹介

中村 達(なかむら とおる)
1949年京都生まれ。アウトドアジャーナリスト/プロデューサー
安藤百福センター副センター長、国際自然環境アウトドア専門学校顧問、日本アウトドアジャーナリスト協会代表理事、NPO法人アウトドアライフデザイン開発機構代表理事、NPO法人自然体験活動推進協議会理事、東京アウトドアズフェスティバル総合プロデューサーなど。
生活に密着したネーチャーライフを提案している。著書に「アウトドアズマーケティングの歩き方」「アウトドアビジネスへの提言」「アウトドアズがライフスタイルになる日」など。『歩く』3部作(東映ビデオ)総監修。カラコルムラットクI、II峰登山隊に参加。日本山岳会会員。