- 第330回 -  筆者 中村 達


『続々 シャモニのアウトドアズ』

 アルプスのリゾート地シャモニは、モンブラン山群の登山基地でもある。世界中からおおぜいの登山者が訪れる。街には観光客目当ての土産店やレストランだけでなく、登山やアウトドアスポーツのショップがたくさんある。

 ヨーロッパには登山用具の老舗メーカーが数多くある。ピッケルやアイゼンなど登攀具のシモン、シャルレ、グリーベル、カシン。リュックサックのミレー、ラフマなどがその代表だろう。
 大学1年のとき、私が初めて手に入れたピッケルがグリーベルだった。アイゼンはシモン。そして、アルバイトで手にした給料の大半をつぎ込んで買ったのが、ミレーの1本締めの帆布製のリュックだった。グリーベルのピッケルは、山岳部の先輩がカラコルムに出かけるから貸してくれ、と言うので貸したが、そのまま返ってこなかった。ミレーのリュックはまだ手元にあるが、色あせて劣化して、さすがに実用的ではなくなった。 ロックハンマーはカシンだった。シンプルな作りがとても優美だった。これは行方不明だ。これらは1960年代の後半のことで、まだ輸入品が少なかったころのお話しである。
 シャモニには、そんな私にとっては懐かしい登山ブランドのショップが、数多く並んでいて感慨深いものがあった。トレッキングから帰ってきたあと、夕食のついでにこれらのショップを1軒1軒、毎日のように訪ね歩いた。
 最近では、アルプス周辺の欧州ブランドだけでなく、北欧や米国のアウトドアブランドの進化が著しい。それらがお互いに良い意味で、影響しあっているようにも見える。
 登山用具店を訪ね歩いているうちに、ピッケルがほしくなってきた。ウィンドウには数多くのピッケルがディスプレイしてある。こんな光景は、国内ではほとんどお目にかかれなくなった。ある程度目星をつけておいて、帰国の前日にその店を訪ねた。

 スタッフはお世辞にも愛想がいいとは言えなかったが、ピッケルのことをたずねると、急に笑顔になって饒舌になった。使う季節、目的、フィールド、登山経験など、細かい質問をしてきた。私が山岳スキーでも使えるもの、とリクエストすると、何十本とあるピッケルの中から3本取り出した。この3本がおすすめだそうだ。私が目星をつけておいたものは入っていなかった。結局、購入したのは米国ブランドのピッケルだった。お笑いである。

 驚いたのはその店のスタッフが、登山とともに、用具を熟知していることだった。変化する雪面やアイスバーンでの使い方、山岳スキーで想定できる活用法など、聞いていて参考になった。国内ではほとんど見られなくなった風景である。  先日、テープスリングを、あるアウトドアショップに買いに出かけた。いくつかの質問をしたが、誰一人として満足に答えられなかった。頭から無理です、聞かないで、という視線だった。
 登山では道具や用具の使い方によっては、命を左右することだってある。登山ブームといわれているが、安全に楽しむためには、このあたりの対応や教育も必要だろう。

(次回へつづく)


■バックナンバー

■筆者紹介

中村 達(なかむら とおる)
1949年京都生まれ。アウトドアジャーナリスト/プロデューサー
安藤百福センター副センター長、国際自然環境アウトドア専門学校顧問、日本アウトドアジャーナリスト協会代表理事、NPO法人アウトドアライフデザイン開発機構代表理事、NPO法人自然体験活動推進協議会理事、東京アウトドアズフェスティバル総合プロデューサーなど。
生活に密着したネーチャーライフを提案している。著書に「アウトドアズマーケティングの歩き方」「アウトドアビジネスへの提言」「アウトドアズがライフスタイルになる日」など。『歩く』3部作(東映ビデオ)総監修。カラコルムラットクI、II峰登山隊に参加。日本山岳会会員。