- 第302回 -  筆者 中村 達


『栂池の紅葉』

 10月の半ば、毎年恒例となっている栂池自然園の散策に出かけてきた。今年の紅葉は遅いという予想で、期待はしていなかった。しかし、さすがに1800mの標高ともなると、すばらしく色づいていた。ダケカンバや白樺の葉は、すでに風に飛ばされていたが、ミズナラやブナの黄葉は美しかった。
 時折、雨混じりのあいにくの天候だったが、大勢の観光客が訪れていた。ここ20年ほど、毎年のように来ているのだが、その間、観光客の風景はずいぶん変化したように思う。
 アウトドアファッションがカジュアル化して、それなりのいでたちの人が多かった。パーカーにディパック、トレッキングシューズというのが、この地でも定番になったようだ。
 「人は旅に出ると学者になる」は、私のテーゼだ。普段は自然に関心がないように思われるオヤジたちも、自然の中に入ると、木々の名前や草花の名前が気になってくる。
 白馬山麓を訪ねて、アルプスの連山を見ても、どの山が白馬岳なのかわかりにくいものだ。私が同行者に、山の名前や尾根の呼称を説明していると、聞き耳を立てているオヤジたちがいる。大雪渓を見て、白馬岳の主稜や杓子岳の東稜のことを話すと、横にいたオバサンがうなずいていた。

 自然は年をとっても、私たちの好奇心を刺激してくれる。だから自然体験は、老若男女を問わず大切だ。手軽に自然を解説してくれる、インタープリテーションの制度が充実してくれれば、この国の観光振興にとっても大きな力になると思う。

 途中、ベンチに座ってコーヒーを飲もうとお湯を沸かしていると、ファミリーハイカーがやってきた。「コンニチワ!」と挨拶してくれるので、気持ちがいい。低学年の小学生だろう。みんな山ガールファッションだった。母親が「私たちのより高かった」と苦笑した。こんなファミリーが増えてくれれば、アウトドアはもっと楽しくなるに違いない。

(次回へつづく)


■バックナンバー

■筆者紹介

中村 達(なかむら とおる)
1949年京都生まれ。アウトドアジャーナリスト/プロデューサー
NPO法人自然体験活動推進協議会理事、国際自然環境アウトドア専門学校顧問、日本アウトドアジャーナリスト協会代表理事、NPO法人アウトドアライフデザイン開発機構副代表理事、東京アウトドアズフェスティバル総合プロデューサーなど。
生活に密着したネーチャーライフを提案している。著書に「アウトドアズマーケティングの歩き方」「アウトドアビジネスへの提言」「アウトドアズがライフスタイルになる日」など。『歩く』3部作(東映ビデオ)総監修。カラコルムラットクI、II峰登山隊に参加。日本山岳会会員。