第24回 「烏ガ山 山頂」著者 村田 浩道


 先日久しぶりに、鳥取県大山山系の1つの山である烏ヶ山(からすがせん)に、お客様と登ってきた。この山は、大山の南東方向にそそり立つようにある鋭鋒で、1965年に発行された5円切手の左側にもチョコッと頭をだしている。大山に行けば目に入る鋭鋒なので、どうしても登りたくなり、残雪期に友達と登った記憶がある。その時はピークに至る最後の登りがカチカチの急斜面で、ビビリながら山頂に向かったのを覚えている。
 最近では(結構前だが)某シンガーソングライターが出演した、飲料水のCMロケ現場として少しザワザワとした場所だ。お客様との行く先を探していて、ふと思い出したので提案すると、「行きたい!」との事で向かうこととなった。

 当日は晴天で気温も上昇する予報。登山口近くに駐車して山を見上げると、思ったより雪がついていそうだ。念のためワカンも装備して林道を登山口へと向かった。まだ車両通行止めになっている林道を岡山方面へ歩くと、20分程度で登山口に到着した。今回は南側から登るルートを選んだ。登山口からしばらくは、火砕流の堆積からできた高原を稜線へと向かう。今年の積雪の少なさからクマザサ地帯は藪がかなり出ていた。残雪の上を行くと案の定、踏み抜き地獄。しかし、ワカンを装着すると藪がうるさそうだ。
 春山の踏み抜きに耐えながら、なんとか最初のピークへ到着した。ここからすこし下ったところのコルからが本番だ。アイゼンを装着してピッケルも出す。ここからは雪も少しは硬くなり、アイゼンを効かせて快適に高度を稼いでいくが、なにしろ鋭鋒なもので山頂が近づくにつれて急な登りとなる。

 そのうちに気温も上昇して、だんだん緩んだ雪が体力を奪い、お客様の足が遅くなってくる。この日の気温は予想以上に高く、いつもは綺麗に見える日本海が、気温の上昇により霞がかかってボヤッと見える程度だった。
 標高1,200m以上でも、日当たりの良いところは16度もあった。踏み抜きによる転滑落や捻挫などをケアしつつ、主稜線上のわずかに残った雪の上を慎重に進み、いよいよ山頂へ。
 烏のくちばしのようなその山頂の向こう側には、残雪を纏った大山が悠然と迎えてくれた。標高1,440mほどの山ではあるが、大山と弓ヶ浜の眺めは素晴らしい。いつものことながら、お客様との感動の共有が我々ガイドには最高の報酬となった。



■バックナンバー
山岳ガイドの四方山話 1
山岳ガイドの四方山話 2
山岳ガイドの四方山話 3
山岳ガイドの四方山話 4
山岳ガイドの四方山話 5
山岳ガイドの四方山話 6
山岳ガイドの四方山話 7
山岳ガイドの四方山話 8
山岳ガイドの四方山話 9
山岳ガイドの四方山話 10
山岳ガイドの四方山話 11
山岳ガイドの四方山話 12
山岳ガイドの四方山話 13
山岳ガイドの四方山話 14
山岳ガイドの四方山話 15
山岳ガイドの四方山話 16
山岳ガイドの四方山話 17
山岳ガイドの四方山話 18
山岳ガイドの四方山話 19
山岳ガイドの四方山話 20
山岳ガイドの四方山話 21
山岳ガイドの四方山話 22
山岳ガイドの四方山話 23
山岳ガイドの四方山話 24
山岳ガイドの四方山話 25
山岳ガイドの四方山話 26
山岳ガイドの四方山話 27
山岳ガイドの四方山話 28
山岳ガイドの四方山話 29
山岳ガイドの四方山話 30
山岳ガイドの四方山話 31
山岳ガイドの四方山話 32
山岳ガイドの四方山話 33
山岳ガイドの四方山話 34
山岳ガイドの四方山話 35

■著者紹介

村田 浩道(むらた ひろみち)
日本山岳ガイド協会認定ガイド、トレイルコーディネーター
NPO法人日本ロングトレイル協会理事・事務局長、NPO法人高島トレイルクラブ理事ほか。
高島トレイルをはじめ、全国のトレイル活性化事業にたずさわり、ロングトレイルとビジネスをテーマに活動している。また、禅宗僧侶として、禅と登山についての考察も日々おこなっている。